ボビーズ日記

絵本作家になりたい2人組ボビーズの落選日記

大好きな絵本「カロリーヌと おともだち」

私たちボビーズの絵本の原点は、ピエール・プロブストのカロリーヌ絵本です。昭和40年代、小学館 世界の童話シリーズの中に4冊含まれていました。私と同じ年代の方は、ご存知の方も多いはず。

圧倒的な画力と大人をも魅了する品のあるユーモア、もうパーフェクトです。子供の頃に読んで、ずっと心に残っていました。もう一度 読みたいと思って調べてみたら、復刻版はありますが、ちょっと絵が違います。それでネットオークションで手に入れました。ファンが多いみたいで、高値で取り引きされています。大人になるまで何十年も忘れられない絵本って、すごいですよね。人によって好きな本は違うと思いますが、私たちにとって カロリーヌ絵本は、今でも最高です。

f:id:takashimari:20181127221400j:plain

f:id:takashimari:20181127221429j:plain

f:id:takashimari:20181127221516j:plain主人公のカロリーヌといつも一緒にいる白黒ブチの子犬が、ボビーという名前でした。なので我が家のボビーは、ボビーオロゴンさんとは無関係です。メグは、可愛いメグライアンからもらいました。

僕たち今日は、ここで寝ます。姉ちゃんは 一人で 寝んねしてください。

f:id:takashimari:20181127224433j:plain