ボビーズ日記

絵本作家になりたい2人組ボビーズの落選日記

メグで遊ぼう。

なんかね、体がだるくて だるくて仕方がないの。夏バテかな?もともと夏は弱いけど、何にも意欲がわかないの。仕事は行ってるけど、体も気持ちも重くてさ。かと言って疲れているのに眠れないし。不眠症導眠剤を飲んでるけど、飲んでも あんまし眠れんし。

今月末ごろ、講談社絵本新人賞の一次通過の発表があるはずなんだけど、期待すると、ダメだったとき落ち込むからさ、期待しないようにしてる。でもな…  一生懸命 描いたから、ホントは期待してるかも。ダメ ダメ、期待しちゃダメ。あーっ、どうなんだろう。早く結果が知りたい、でも怖い。あーっ、ドキドキしてきた、しんどい。

MOE 用の作品に取り掛かったよ。そっちに集中しなければ!今月中に下書きを完成させなければ!頑張ろう、妹よ。

メグで遊ぼう。

ふつうメグ

f:id:takashimari:20190710030814j:plain

つり目 メグ

f:id:takashimari:20190710030933j:plain

ハムスターメグ

f:id:takashimari:20190710031026j:plain

カピパラ メグ

f:id:takashimari:20190710031124j:plain

メグの顔芸でした。




第8回 MOE創作絵本グランプリ さっさと制作に取りかかろう。

 


そろそろ次の作品に取り掛からなければ!掛け声ばっかりで、なかなかです。こういう時は、また図書館で絵本10冊借りてきました。

f:id:takashimari:20190626004806j:plain

なんか絵本って、無限にある気がする。そうだよね、毎年 何百冊も新刊が出てるからね。図書館に並ぶのは、その中の一部だからね。運良く出版できても厳しい世界だなあ〜。

今までMOEに応募していた作品はね、全部 ボビーとメグの お話しなんだけど、今年は違う話しにしてみます。

主人公はネズミちゃんで〜す。ネズミの絵本はたくさん、ホントたくさんあるけれど、描きたいのです。ステレオタイプと言われそうだなあ。    あっと、ステレオタイプと言うのを最近 覚えたので、使ってみたかっただけ。  エヘ。

今作の目標。主人公ならびに登場人物は、全て可愛く色気がなくてはならない!それでいこうと思います。ただし私が勝手に思っているだけで、妹にはまだ言っていませんが。

人物の色気に気づいたのは、テレビ絵本で「ハのハの小天狗」を見た時です。主人公は子供なのに、なんとも言えない色気を感じました。それからはテレビを見ていても日常でも、この人は色気があるとか無いとか、色気探しがマイブームです。

でも、色気って持って生まれたものかしら?だとしたら、それを描くのも持って生まれた才能ってことになる。じゃあ「ハのハの小天狗」を研究しても習得は難しいってこと?イヤイヤ、なんとしてでも習得してもらいたい。    さて、妹の やる気が出るように、褒めて、おだてて、持ち上げて!  と。

打ち上げしました。

やっとねえ、一段落した感じです。講談社も無事に応募できたし、その後の山積みの用事も だいぶ片付いたので、打ち上げしました〜。

少し 足をのばして、久しぶりにデパートに行ってきました。欲しいもの、いっぱい買っちゃった。

まず、ケーキ。ひとり2個づつだから、6個。イエーイ✌️

f:id:takashimari:20190612030823j:plain

それから それから パン と ドーナツ。イエーイ✌️

f:id:takashimari:20190612034241j:plain

それからね、図書館で絵本を10冊借りてきまして、イエーイ✌️

f:id:takashimari:20190612034432j:plain

良い 打ち上げに なりそうです。

欲を言えば、あとねー、にぎり寿司か うな重があればなぁ。

一作ごとに上達しているはず。でも それだけじゃダメなのよ。

先週の金曜日 5月31日が、2019講談社絵本新人賞の締め切りでした。なんと 私たちボビーズは、無事に提出できましたー。しかも2作品、イエーイ✌️

とりあえず今週は、後回しにしていた用事を終わらせて、来週から 次の絵本の制作を始めます。今度はMOE絵本グランプリですね。9月13日が締め切りなので、3ヵ月以上あります。頑張ります。

今回 講談社に送ったのは、よねばあさんのお話と、虫のお話ね。どっちも面白いよ。特に 虫のほうは、絵も上手く描けていると思うからね、もしかして もしかすると、いい線いっちゃうかもよ。期待しちゃうなぁ。結果が出るまでは、おめでたい妄想が止まりません。一次審査の結果は7月かな。

でもね、いつも期待するんだけど、ダメなんだよね。描いてるときは全力を尽くしたつもりなのに、落選して戻ってくると改善点がいろいろ見えてくるんだよね。どうしてかなあ?   そうか!  提出してからも進歩しているのかも。一作ごとに上達している感じはするけど、結構ハイスピードで上達してたりして、イエーイ✌️。

でも…でもさあ、じゃあ なんで入選とかさ 、しないの?ハイスピードで上達してるんならさ。      もしかして、他の人たちは、もっとハイスピードで上達してるから追いつけないとか?しかも 次々と追い越されてるってこと?そんなバカな!!!

みんな スピード出し過ぎだよう。安全運転でいきましょう。あせらず、ゆっくりね。全力で走っていいのは、ボビーズだけということで。        

それにしても、もしも入選したら、東京で授賞式があって スピーチとか するのかなあ?何を喋ったらいいのかなあ?そういうのは苦手だなあ。 ねえ ねえ、やっぱり自己紹介して、審査員や編集部に感謝して、それから それから……?

結果が出る前の、楽しい想像。今だけね。

やっと ふたりをお風呂に入れました。

「ボビー、メグ、さっぱりしたね。」

「べつに。ぼく お風呂、キライだし…」
 

f:id:takashimari:20190605030327j:plain

 「メグも お風呂 キライでちゅ。もう かんべんしてくだちゃい。」

f:id:takashimari:20190605030552j:plain

 

講談社絵本新人賞は、一次審査を通過すると お手紙が頂けます。

        

講談社絵本新人賞はね、一次審査を通過すると、編集部から お手紙が届きます。選考会での意見などが書いてあるんですが、それが嬉しくてね。その お手紙がほしくて、どうか一次審査を通過しますようにと願いながら毎年 応募します。

でもね、その お手紙を一度もらってしまうとね、ダメなんです。改善点も教えていただけますが、褒めて下さるんです。次回作に期待して下さるんです。来年も頑張らなくては!と思ってしまうんです。そして気付いた時には、コンテスト地獄から抜け出せなくなっていました。まるでアリ地獄のように。

どうして こんなに大変なのに続けているのでしょうか?絵本作りが面白いというのもあります。でも絵本作家としてデビュー出来るのは、ほんの一握りの人だけです。努力だけでなく、才能が必要だと思います。それならば、自分に才能はあるのか?努力すればデビュー出来るのか?どうすれば分かるの?どうしたら自分を客観的に分析 出来るの?少しずつ上達しているとしても、時間が無限にあるわけじゃありません。もう若くないのですから。

そうだわ!自分を客観的に分析するために、去年の お手紙を読み返してみましょう。編集部が書いてくださったのだから、何かヒントがあるはず。去年の「三つ星レストランへ ようこそ」の お手紙ね。

なになに?「独特なテイストを持ちつつ、丁寧に描かれた絵に引き付けられます」ですって。絵ね。それから「楽しさがありましたが、よく読まないと納得しづらいところもあり、もう少し わかりやすいとよかったように思います。」なるほど なるほど。わかりました、わかりやすくね。絵で面白さを伝えるようにね。そして最後に「次作に期待いたします」ですって。期待に応えたい!!これって、やっぱり皆んなに書いてるよね。でもさ、絵は褒められてるんだよ。結果が出ないのは、私のせい?そんなバカな!こんなんじゃ、やめられない 絶対に!

この際、才能が有ろうが無かろうが関係ない。お話しが褒められるまで、絶対に辞めません。そう、絶対に!

姉ちゃん、今夜も絵本作り頑張るの?

f:id:takashimari:20190522014902j:plain

ボクはもう寝るね。おやすみなさい。

(ここで寝られてもなあー。)

f:id:takashimari:20190522015110j:plain

 

あと2週間しか無いのに。

こんにちは。夜ですけど。時間がたつのが速すぎる。歳をとると時間が早く流れると言うのは本当なんだね。若い時は、時間の流れは皆んな一緒じゃん。と思っていたけど。

私 以上に時間を気にしているのは、妹のはず。たぶん、そうであってほしい、焦って必死で頑張っていてほしい。

本当に焦ってる?必死になってる?時間 無いんだよ?

妹は仕事が休みだったので、今日は一日中 描き続けるようにと言い残し、私は仕事に行きました。少し残業して、約10時間後に帰宅してみると、妹はとても満足げにニコニコしながら「描けた、成功した。」と言いました。

「見て❗️この目。大変だったけど、やっと描けた。時間がかかったんだよ。」

へ?目? 見ると、お話の中盤に登場する猫の目が、それはそれは素晴らしく まあまあ上手に描いてありました。

え?まさかこれだけ?ウソでしょ?これだけ?ホントに?何度も聞き返してしまいました。あんた!この目に1日かかって、あといくつ この目を描かないかんと思っとんじゃーーー。と叫びました、心の中で。

確かに、魅力的な目だとは思います。どうやって描いたんだろう?私には分かりません。でも時間が無いんです、脇役の目ん玉にかける時間など無いのです。目ん玉 そんなに大事?

主役に時間をかけるのは分かるけど。脇役のしかも目ん玉だけだよ。変人だからバランスがねー。

f:id:takashimari:20190515211956j:plain

完成するまで頑張ります。おだてて褒めて、持ち上げて……

いも虫、画像を見て研究したけど、人間だよねー。

いつも読んでくださる皆様、ありがとうございます。あと3週間ほど全力で頑張ります。予定では、2作品 完成させて講談社に送ってですね、9月頃に戻ってきます。ブログにて発表できるのは9月ですね。9月かあ、まだ先だなあ。早く読んでもらいたいなあ。

と、まだ完成もしていませんでした。

相変わらず、絵の進みがスローモーションのようです。私が思うに、妹は変人です。こだわりが強くて潔癖かと思いきや、信じられないくらいズボラと言うかなんと言うか……バランスがね。末っ子だからですかね。

もしかしたら、変人だから絵を描けるのかしら?いも虫って苦手な人が多いと思いますけど、私もキライですが。妹も虫嫌いだったはずなのに、いも虫ばっかりの画像を熱心に見て絵を描いています。気持ち悪いので、あんまりリアルに描かないでね。とお願いしました。あの集中力は変人だと思います。

まだ途中ですが、気持ち悪い いも虫画像ばっかり見ていた割には、可愛くなりそうで安心しました。

f:id:takashimari:20190508015404j:plain

みどり色のが、いも虫です。可愛いです、でも人間だよねー。

なんと言うか、この いも虫 描くのに画像見て研究する必要ある?

時間の無駄じゃね?

手の湿疹が治りません、ストレスですよね。

f:id:takashimari:20190508020218j:plain

湿疹を撮りたかっただけなのに、見苦しい手をお見せして申し訳ない。